2005年12月04日

★プレゼンテーションに強くなる本(参考文献)

まず基本的に「分かりやすい説明」とはどんなものかをこれ(↓)で理解します。

「分かりやすい説明」の技術 最強のプレゼンテーション15のルール ブルーバックス


上の本を読んだところで、こんどは実践的なテクニックが豊富に詰まっている下(↓)の本を読みます。

プレゼンテーション力を鍛えるトレーニングブック


読みましたら、即、実践しましょう。

プレゼンテーションは実践する以外にうまくなる方法はありません。

posted by ホーライ at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 資料作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレゼンで絶対にやってはいけないこと(その2)

鉄則その2

映写するスライドの画面があるでしょ?

文字があの画面の7割を占める位に抑えること。

時々、画面いっぱいに文字を打っている人がいるが、それでは視覚的に何も訴えていない。

人間の記憶は聴覚だけでなく、視覚も使うといいのはご存知のとおり。

だったら、視覚的に訴えるスライドを作ろう!

そのためには文字は多くとも画面の7割、できたら5割位に抑えよう。(鉄則その2)


『文字は画面の7割以下』

posted by ホーライ at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 資料作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレゼンで絶対にやってはいけないこと(その1)

鉄則その1

最近では『パワーポイント』でプレゼンテーションすることが多い。
この時に絶対にやってはいけないことが有る。

それは「青地」に「赤文字」を使うことである。

昔、まだIT技術が普及していなかった頃、学会などでは「青い」スライド(フィルム)を使った名残で青いパワーポイントを使う人が多い。

そして、目だ立たせたい文字を赤字で書く。

ところが!! これが全然見えない。(そんな経験有りませんか?)

パワーポイントでプレゼンの資料を作る時に絶対やってはいけないこと(鉄則その1)


『青地に赤文字を使わない!!』




posted by ホーライ at 09:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 資料作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。